Call for Participation/ja

From Wikimania 2010 • Gdańsk, Poland • July 9-11, 2010
Jump to navigation Jump to search

* ar/العربية (in progress) * cs/čeština (missing) * be-tarask/беларуская (тарашкевіца)‎ (missing) * de /Deutsch (proofreading)* el/Ελληνικά (missing) * en/English (published)* es/español (published)* eu/euskara (missing) * fa/فارسی (missing) * fi/suomi (missing) * fr/français (published)* ga/Gaeilge (missing) * hu/magyar (missing) * ia/interlingua (missing) * it /italiano (proofreading)* ja /日本語 (proofreading)* ko/한국어 (missing) * lb/Lëtzebuergesch (missing) * ms/Bahasa Melayu (missing) * nl/Nederlands (missing) * oc/occitan (missing) * pl/polski (published)* pt/português (published)* ro/română (missing) * ru/русский (in progress) * scn/sicilianu (missing) * sv/svenska (missing) * ta/தமிழ் (missing) * te/తెలుగు (missing) * tr/Türkçe (missing) * uk/українська (in progress) * za/Vahcuengh (missing) * zh-hans/中文(简体)‎ (missing) * zh-hant/中文(繁體)‎ (missing) * * * * * * * * * * *

destination: Call for Participation

Please keep in sync with {{Translation/Call for Participation/Plain text}}

メーリングリストやフォーラムにこの参加申し込みの呼びかけを配信するのを手伝ってください。ウィキマニアではこの配信を調整する/配信を利用します。プレーンテキスト版用のコピーアンドペーストがあります。

Wikimania Logo

参加呼びかけの立案

ウィキマニアは、世界じゅうのウィキマニアプロジェクトに(ウィキペディア、ウィキブックス、ウィキニュース、ウィクショナリー、ウィキスピーシーズ、ウィキメディアコモンズ、メディアウィキを含む)熱い思いを注ぐ地球規模の年次行事です。集いはお互いに会う機会をウィキメディア事業の編集者、利用者、開発者に与えるコミュニティー集会で、思うところを交換し、研究と事業について報告し、事業の未来を共有する場です。集いは一般に公開され、ウィキメディア事業についてもっと知り考えを共有できるウィキメディア事業に関心のある教育者、研究者、プログラマー、フリーカルチャー活動家に機会を与えるものです。

今年の集いは、2010年7月9-11日にポーランドグダニスクのポーランドバルティックフィルハーモニックで行われます。詳しくはウィキマニア2010公式サイト http://wikimania2010.wikimedia.org/ をご覧ください。

ウィキマニア2010は対話、オープンスペースでの会合、同好の士の集まり、雑談を併せたものになります。提案を討論し、ウィキについて非公式の過程で選択します。自分の提案が日程表に上らなかったら、サイトで話題を提供する多くの機会がまだあります。

重要な日程

  • ワークショップ、テュートリアル、パネル、プレゼンテーション提案の締め切り:5月20日
  • 受理の通知:5月25日(ワークショップ)、5月31日(パネル、テュートリアル、プレゼンテーション)
  • ここでの受理・不受理に関係なく、提案やプレゼンテーションは全てオープンスペースで展示できます。

プログラム委員会

提案は下記のヴォランティアにより非公式に査定されます。プログラム委員になることに関心のある人は、下記の一覧に名前を加えてください。

  • 査定員:
  1. deebak the great
  2. Rhain c
  3. Ahsan.mansoor,
  4. 7tweaker,
  5. Abbasjnr,
  6. Adler,
  7. Airwolf,
  8. Alidha125,
  9. Anthony Lorrain,
  10. Ashok Cherian Koshy,
  11. Az1568,
  12. CarthageOne,
  13. Cbrown1023,
  14. Church of emacs,
  15. Ciphers,
  16. DanicaR,
  17. Igorjok.poltava,
  18. Jdforrester,
  19. Juliana.
  20. JWB,
  21. max5c,
  22. Mido,
  23. Minh Nguyen,
  24. Delphine (notafish).
  25. ns999,
  26. oskashred,
  27. postmodernlies,
  28. Pramukh Arkalgud Ganeshamurthy,
  29. Psychology,
  30. Pundit,
  31. Sarmadhassan,
  32. Sj,
  33. snood1205
  34. TXiKi,
  35. User:Azor1,
  36. Nikhil M.,
  37. in089107,
  38. linovtech.com,
  39. mituser,
  40. vostok_ru,
  41. Snthakur,
  42. User:TheJoeCool89
  43. OptimusPraimus,
  44. Cekli829,
  45. User:rl1234,
  46. Skullum,
  47. Fuzheado,
  48. GlimmerPhoenix,
  49. Drbug
  50. The_best_one
  51. kaushikahmed
  52. Rasik Dave
  53. Uttexas
  54. Shijualex

経路

今年ウィキマニアは自身の経験と思想を共有し新しい考え方を示すウィキコミュニティーの成員や関心のあるオブザーバー向けに提案する経路が3つあります。

人とコミュニティー

人とコミュニティーではウィキを利用したり構築したりする人に関連する話題に焦点を当てた独自のフォーラムを提供しています。適切な話題が含まれますが、次のことは制限されていません。

  • ウィキコミュニティー:争いの解決やコミュニティーのエネルギー、評判とアイデンティティー
  • ウィキアウトリーチ:一般社会におけるウィキやウィキ事業の振興
  • 東西南北の出会い:異なる文化的背景を持つ人々が、どのように共通の決まりごとによる百科事典を作れるのか。異なる文化的視点による同じ主題。
  • 特に中欧と東欧におけるウィキペディア:この主題により中欧や東欧のコミュニティーにおけるウィキの最新の過程を示し討論する場を設けます。

知識と共同研究

知識と共同研究では共同研究や参加型事業同様に知識や情報マネジメントに関連する研究を振興し非常に興味深い考え方を見付け出すことを目的にしています。

  • ウィキコンテンツ:コンテンツの質や信用度を増す新しい手法、法律問題や著作権、特に教育、ジャーナリズム、研究での使用
  • 語義としてのウィキ:データに関連した語義としてのウェッブ技術の利用、語義としての注釈やメタデータ(特定の手動のアプローチと自動化されたアプローチ)
  • 高等教育に関連するウィキバーシティーなどのウィキ:ウィキソースがコンテンツの質のための研究機関、大学、そうした機関の投稿における共同研究の発展の為の考え方を交換するアカデミアや研究手法において展開し実行する手法の調査

基盤整備

ウィキマニアの基盤整備では研究者と実践者の双方が新しいアプローチやアプリケーションを共有できる場を設け、今まで以上のユビキタスなウィキアクセスをどのように実現するか探求します。

  • メディアウィキ開発:メディアウィキ開発や発展に関連する問題
  • メディアウィキを超えた動き:ウィキのようなプラットフォームにどのようなものがあるか。異なる種類の知識に関する共同研究に必要とされる手段と特色は何か。
  • モバイルウィキ:ウェッブはデスクトップから携帯電話に移行してきていて、モバイルデバイスでウィキをどのように利用するか。ウィキベースの拡張現実(AR)のアプリケーションや地域主体のサービス
  • ユーザインタフェース設計:有用性と利用者の経験、影響の受けやすさ、適応性のあるインターフェースと個人化、新しいユーザインタフェース設計

提案

作者はワークショップテュートリアルパネルプレゼンテーションに関する提案を行う為に招待されています。提案を行うには、提案の表題と共に下記の「[Your proposal title]」に入力し、「Create page」をクリックしてください。そのままで明白なウィキページに直結し、提案を完成するのにセーブしなければなりません。

提案を行うことで提案に用いたテキスト、プレゼンテーションスライド、ビデオがCreative Commons Attribution/Share-Alike Licenseまたは矛盾しないライセンスの規定に基づき行われていることに同意したことになります。プレゼンテーションが記録されるのと同様に生中継されるかも知れずライセンスの規定に基づき後にダウンロードされることにも同意したことになります。この方式で個人の肖像が用いられることに反対の方は、提案を行わないでください。

提案が公式の日程表に加えられたら提供される情報を通じて知らせを受けることになります。自分の提案が準備段階の日程表に加えられないからといって提案を思い留まらないでください。ウィキマニア2010では軽い談話を行う日程上の場所があり、参加者が自ら談話や作業部会を組織することが可能です。場に相応しい話題を提供する機会が多くあります。